10月20日〜10月21日 Pixel5、から揚げの天才、感謝日記、テナーウクレレ

※当記事は2020年12月22日に note からはてなブログに移転しました。

 

 

10月20日

Amazon で注文していた面保護フィルムが届いたので、Google Pixel 5 の初期設定をした。

ちなみにフィルムは PDA 工房のものを選んだ。

 

貼るときのガイドなどは特に付いていないので初心者向けではない。私は携帯型ゲーム機と長年付き合ってきたおかげで、画面保護フィルム貼りに慣れているので綺麗に貼れた。良かった。端が浮くこともなかったので満足している。もちろん服(横着して今回は上着だけ)を脱いでお風呂場で作業をした。フィルム貼りの天敵は布ぼこりだからな。フィルムを貼ったことでタッチ感度はほーーんの少しは悪くなったかも? フィルムなしで触っていないから分からないけれど。

今まで端末のデータ移行は完全手動、つまり新しい端末だけでイチから作り上げていってたんだけど、今回はなにやら簡単にできそうなので Google 先生に従ってみた。

古い端末と Google Pixel 5 をケーブルで繋いで、画面をポチポチ操作していたら簡単に移行できてしまった。一部のアプリは新しい端末で自分でログインし直さないといけなかったけれど、他は勝手にログインされていて勝手にデータも移行されていたので、魔法かと思った。いつからこんな便利機能ができていたんだろう。もっと早く知りたかった。

 

Pixel 5 の本体色はセージを選んだ。さらさらとしたダンボールみたいな質感がかわいい。裸で使うつもりだったけれど、高い買い物だったし長生きしてほしいので spigen の背面が透明なスマホケースを注文した。ケースの色はマット・ブラックを選んだ。私はアウトドアでガシガシ使うのだし、やっぱりケースはあっていいと思う。

 

スマホは下手したら一日中触っているものなので、投資をするに値する。Pixel シリーズはいつか使ってみたいと思っていたし、いい買い物をした。

 

夜ご飯は「から揚げの天才」のからあげ。

個人的には黒が柔らかくて食べやすいから好き。他のは衣がカリサクで美味しいんだけど、口内が攻撃されてしまう。赤は味が濃いから最後に食べるのがおすすめ。赤を最初に食べた友人は赤が好きで、他は全然美味しくないと言っていた。食べる順番は大事だ。

わりと大きいのに1個100円くらいなので安い気がする。

画像1

 

10月21日

Google Pixel 5、いい感じだ。

  1. 容量が 128GB もある
    Spotify のお気に入りの曲をためらわずにすべてダウンロードできてしまった。
  2. Google フォトで写真の加工ができる
    より高度な加工をするのでなければ、写真加工アプリはいらなくなった。
  3. 着信音や通知音にレトロゲームっぽい音が用意されている
    ゲーマーとしては地味に嬉しい。

…と、もちろん他にも良いところはたくさんあるけれど、特にいいなって思ったのはこのへんだ。

 

Android『僕の魔界を救って!』をプレイ中。朝起きたらパーティーが半壊していて悲しかった。ボスまではほぼ無傷だったのに、ボス強いな。

画像2

人員が足りないので初めて傭兵酒場でユニットを雇った。新しい司令部を建てるために貯めておいたお金が役に立った。お金さえあれば簡単に強いユニットを雇えてしまうのは便利だな。時間をかけて牢屋から救い出すよりも効率がいい。ということに気付けたので、これが怪我の功名というやつか。

人生で何が起こっても「自分は運がいい」と思えると、常にポジティブで主体的でいられて人生がうまくいく気がする。

 

そういえば私は感謝日記をつけている。1日3個、その日感謝したことを簡単に日記に書くというものだ。感謝日記の効用はすぐには現れない。ジワジワと脳が変わり、続ければ人生の幸福度が増すのだそうだ。

私もはじめはこんなことをやって意味があるのだろうか、なんて思っていたけれど、ジワジワと、でも確実に効果が出ると聞いたので続けていた。日記を見ると今年の6月23日から始めて毎日続いている。

特に何事もなく終わった日には、感謝日記に書くことが思いつかないときもある。そんなときでも「スーパーの店員さんがいるおかげで毎日ちゃんとした食事がとれる。ありがとうございます」とか、「今日も何事もなく一日を終えられたことに感謝」とか、感謝できるようなことは実はいくらでもあるのでひねり出して書く。

感謝日記の詳しい効果は省くけれど、最近脳が変わってきたように感じる。感謝の気持ちが以前よりも自然に湧いてくるようになった。前述したような、以前なら当たり前だと思っていたようなことにも、ありがたいことだなーと感じるようになった。感謝を感じるとその対象に対して自然と優しくなるし、なにかしてあげたいとさえ思う。心がトゲトゲすることが、もしくはその程度が減った気がする。

これからも続けていこう。

 

台湾から揚げのザーチーパイを食べた。とても美味しい。小さい頃に好きだった駄菓子のビッグカツの影響なのかなんなのか、肉の薄いカツを美味しく感じる。肉が薄いと必然的に衣の割合が増えるので、単に私が衣の食感を好きなだけかもしれない。

 

一風堂で極からか麺を食べた。辛さは「普通」と「特辛」が選べる。ラーメン屋で辛いラーメンを頼むと大体辛さが足りないので、今回もそうだろうと思って特辛にしたら辛すぎてダメだった。麺は頑張ってなんとか完食した。麺を噛むのもつらくて、ほとんど噛まずに飲み込んだ。口の中が痛くて味わうどころじゃなかったから、味はよく分からなかった。友人は極からか麺の辛さ普通を頼んでいたからスープを飲ませてもらったら美味しかった。あーすごくもったいないことをしたな。今後は初めて食べる辛いメニューで辛さを増すのはやめよう、という学びを得た。

 

最近友人のテナーウクレレを借りてジャカジャカ弾いている。楽しくてついつい長くやってしまう。そういうものが自分にあるとなんだか幸せを感じる。

ウクレレを弾くのは5年ぶりくらいだろうか。基本的なコードしか覚えていなかった。あと弦を押さえる指先が痛い。それでもすぐに曲を弾き語りできてしまうのはウクレレの良さだと思う。

弾き語りのコードは ChordWiki を見ることが多い。

ja.chordwiki.org

ただしコードをほとんど忘れている状態ではコード表を見ながら弾くのは面倒なので、基本的なコードだけで弾ける「みくれれ」の動画が良い。


【みくれれ】アンインストール

私のような初心者はストロークが単調になりがちだ。みくれれでミクの真似をするだけで表現豊かになるので、簡単に上手くなった気分を味わえる。

楽器、楽しいな。