読んだ本『浪費図鑑 ―悪友たちのないしょ話―』『発達障害グレーゾーン』

2019年3月頃に読んだ本の感想です。

 

 

『浪費図鑑 ―悪友たちのないしょ話―』

浪費図鑑 ―悪友たちのないしょ話―

浪費図鑑 ―悪友たちのないしょ話―

 

個人的評価:★★★★☆

 

『浪費図鑑』はオタク女たちの浪費事情を紹介する図鑑。

その尋常でない浪費具合が爽快です。読んでいて気持ち良くなります。

たくさん稼いで趣味にほぼ全額つぎ込む、という憧れを疑似体験できるからかもしれません。

ちなみに「浪費」という言葉はあえてチョイスされたもので、ネガティブな意味はあまりありません。

 

好きなものって絶対にあった方が楽しいし、対象物に良いところを見いだせるのは才能だと思います。例えば、ジャニヲタの人がジャニーズJr.の森田美勇人くんが好きだとしますよね。そういうひとつ軸になる対象がいると、美勇人くんの好きな「バンド」にも「着ている服」にも「舞台で共演した俳優さん」にも、いろんなものに枝分かれして興味を持てる。美勇人くんがいると、今まで見ることができる景色が変わっていく感じがする。それが何かを好きになることの醍醐味なのかなと思います。

好きなものから派生して興味が増え、景色(世界)が変わっていく、というのはよく分かります。

 

たとえばゲームだと、とある作品が面白ければ「他の似たような作品も遊んでみよう」ってなるし、世界観が共通だったりキャラクターがコラボしていたりと関係している作品にも手を出すこともあります。

好きなアニメキャラクターの好物は「あの子がそこまで好きというなら」と食べてみたくなるし、そのことがきっかけでいつの間にか自分自身の好物になっていることもあります。『らき☆すた』のこなたが好きなチョココロネはいまでも私の大好物です。

私は男性声優にはあまり興味がないのに、好きな人が好きな男性声優さんを注目していた時期もありました。

 

「自分の好きな人がソレを好きである」というのは自分がソレを好きになるきっかけに十分なり得るので、「自分の好きな人」がたくさんいれば世界は「好き」と「これから好きになるかもしれないモノ」で溢れかえるのです。

しかも「好きな人が好きなモノ」は自分の知らなかったジャンルであることが多いので、文字通り見えている世界が広がります。

人ではなく「自分の好きなモノ」であっても、そこから好きの枝葉が広がり、さらにその先からもどんどん新しい枝が伸びていくのです。

夢が広がりますね。

 

好きなもの語りを見聞きするのが大好きな私にとって、『浪費図鑑』は丸々一冊がそれなのでホクホクでした。

好きなものがあるって幸せなことだなーと改めて実感できる本です。

 

『発達障害グレーゾーン』

発達障害グレーゾーン (SPA!BOOKS新書)

発達障害グレーゾーン (SPA!BOOKS新書)

 

個人的評価:★★★★☆

 

発達障害だとは正式に診断されていないけれど、定型発達(健常者)とは言い切れず、障害によって生活に困難を抱えている層「発達障害グレーゾーン」を追ったルポ。

 

「結局、自分のことを知った後に、どう自分が対処するか」
その言葉にすべてが集約されているように思える。

私も結局最後はここにたどり着いてしまうんですよね。

発達障害だと診断されたからといって、何かが劇的に変わるわけではありません。

「自分の怠慢や甘えのせいじゃなかったんだ」と心が少し救われるかもしれませんが、生活の大変さはほとんど変わりません。

結局、障害が引き起こす生活上の問題にひとつひとつ対処していくしかない気がするのです。

 

私は発達障害に関して診察を受けたことはありませんが、自分は発達障害か、もしくは発達障害グレーゾーンではないかと思っています。特に ADHD の傾向が強いです。

ADHD に関してはストラテラやコンサータといった薬で症状が和らぐと聞くので、試してみたい気はします。

注意散漫への対処として魚油サプリメントを飲んでいますが、効いているかどうかの実感はありません。お守り程度ですね。

 

発達障害の症状は「注意散漫→アイデアをひらめきやすい」といった裏返すとメリットになるものもあるので、完全に治らないのならば開き直って上手に付き合っていきたいです。

 

こういった「発達障害の症状に具体的に対処していこう」という方向性の本では『発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術』もおすすめです。

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

 

 

余談ですが、Twitter で著者の姫野桂さんの姿や文章を読んでいて「雨宮処凛さんっぽい」と思っていたら、雨宮処凛さんの大ファンだったようです。